« 我が社のCM | トップページ | 羽毛布団 »

2010年10月17日 (日)

オーナー針のフック曲がり  今日はきちんとドラグを計ってみた

オーナーバリのスティンガートリプル ST36BC。
これの出荷基準が去年担当者に聞いたら2.9Kgだそうだ。

先日も書いたが、すげ~曲がって使い物にならん。
新しいパックの物に替えたばっかり。
そうだ。今まで感覚でドラグを調節していたが、ちゃんと計測器を使ってしてみよう。

バネバカリを使用し、今まで感覚でギリギリと思うドラグを計ってみた。
ん!?
なんと感覚で調節していたのは2.4Kg。何回かやってみたが、プラスマイナス100g位の間。
まだ余裕あるじゃん。

そこで2.9Kgにあわせてみた。
ドラグを合わせたところで、いつものように手でラインを引っ張り出す。

え!?2.9Kgってこんなに重いの?
こんなんでやり取りしたら、曲がっちゃうよ。

とりあえず、それを持って今晩行ってみた。
が・・・
お魚さんがおらん・・・

先週あれだけバイトがあったのに、2バイトで1ゲット。
それもおかしいなぁ・・・
シーバスにしちゃ、えら洗いせんし・・・
鯔ならもっと強い引きだろうし・・・
変な所に掛かってんのかな・・・

上がってきたのは、またまた背骨が曲がったフッコサイズのシーバス。
これじゃ暴れん訳だ・・・

こんな子を上げた時に、いつも悩んでしまう。
こんなのは持って帰って食べたくないし。
リリースするにも、ちゃんと生きるんだろうか?

魚にしちゃ大きなお世話だろう。
さっさと水に返しやがれ!

こんなんでこれだけ大きくなってんだから、多分大丈夫だろうと思いリリース。

それ1匹じゃ、今回のパックのフックの強度分かんなかったね。
ぎょうさん釣れたんなら明日も行こうかと思ったが中止~!

今度は週末に調査に行こう。

|

« 我が社のCM | トップページ | 羽毛布団 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299441/37279370

この記事へのトラックバック一覧です: オーナー針のフック曲がり  今日はきちんとドラグを計ってみた:

« 我が社のCM | トップページ | 羽毛布団 »