« シーバス釣行 2日目 | トップページ | タケノコが・・・ »

2010年4月26日 (月)

粟の穂用の花壇を作る

お金がもったいない。

ルアーを作るきっかけは、それだった。
1個無くなれば1000~2000円。
当時、下手っぴな私は、行く度にルアーをロスト。
必要に迫られての選択。

結果は、市販のルアーより釣れる。
自己満足に浸れる。

先日、コザクラインコのルチノーのキョンちゃんが病気になり、食欲が無くなった。

何か食べさせねばと、ミルワームや粟の穂などを買い与えるも喜ばない。

喜んだのは、パイドのぺん君。
粟の穂が1日で丸裸になるほど喜んで食べるのであった。
落としてるのもあるんだけど。

しかし、粟の穂。1日に1本はちと多い。
高くなっちゃうよ。
しかし、喜ぶ子のこの顔も見たい。

じゃ、作ればいいやんと、ハンドメイドルアーに走ったように、植木鉢に腐葉土を入れて粟の穂をほぐして水をやってみた。

すると1週間もしないうちに発芽。
こりゃ、家で粟を栽培すれば、お金が掛からずにうちの子を喜ばせれる。
おまけに無農薬でするから、安全性は100パーセント。
こりゃ作るしかないでしょ。

とりあえず、もう1つ植木鉢に粟の穂だけをほぐして入れる。
ちなみにこの植木鉢には、腐葉土の中で孵って冬を越した、多分カナブンの幼虫が10匹ぐらいと一緒。
こいつらが成虫になるのも楽しみの1つ。

BlogPaint


ふと思い、庭の隅っこにもレンガで簡単ではあるが花壇を造ってみた。

P4260314

おいおい綺麗にしていくとして、ここにはインコ用の餌を一握りつかみ、ばら撒いて再び腐葉土を掛けてみた。

入ってる物は、ヒマワリ・オーツ麦・麻の実・カナリアシードなど。
麻の実は熱処理などして発芽はしないはず。
何が発芽するかはお楽しみ。

ただ問題が1つ。
鳥の餌が1日1回取り替える。
残っているのもあるし、捨てるのがもったいない。

そこでタッパに残りのを入れ、雀のチュン子達にあげていたら、催促するまでに寄ってきている。
あげないと可哀想だし、かといって寄ってたかって植えた粟の穂などを食われても困るんだが…

にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
にほんブログ村

|

« シーバス釣行 2日目 | トップページ | タケノコが・・・ »

ペットを含むもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 粟の穂用の花壇を作る:

« シーバス釣行 2日目 | トップページ | タケノコが・・・ »