« 少年時代 | トップページ | 会社で成人病予防検診 »

2010年1月 1日 (金)

冷蔵庫が、もう時期さよならになる

我が家の大型電化製品。

結婚当時に買った物の最後の砦だった冷蔵庫が、もう時期さよならになる。



今年の夏に入って、著しく冷やす力が衰え、1度はハンバーグにするはずの挽肉のミンチを駄目にしてしまった。

最近は取り戻したものの、ここ2日ほど水の漏れが発生。

買い替え時かね・・・

明日、ヤマダ電機にでも行ってみるか。



そんな訳で本日・・・



今朝おきて、パンにマーガリンを塗ろうとして女房がびっくり。

マーガリンが固い・・・つまり、冷えているということだ。



おいおい、最後のあがきか?



絶対に有り得ない事だが、物でも人間の御機嫌伺いをしているのでは?と思うときがしばしばある。

犬や動物ならまだしも、機械がだ。



しかし、とき既に遅し・・・

君とは火曜日にお別れだ。



昔は、3ドアでさえ少しすごかった訳だが、今時の冷蔵庫はもっとドアが普通にある。

氷も自動でできるし、値段も15年前より安いし。



さて、今度買うのはHDD付きのDVDレコーダー。それも、ハイビジョン対応の。

もう1年くらいしてデジタル放送が始まってからの方が、もっと安いしいいのが出来ているでしょうから、お預け状態です。













|

« 少年時代 | トップページ | 会社で成人病予防検診 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 少年時代 | トップページ | 会社で成人病予防検診 »