« 蛍を家族で見に行った | トップページ | 紙飛行機飛ばし »

2009年12月30日 (水)

私の家系は風呂屋関係

え、昨日のぶつぶつ。消えてる?

なんで?

せっかく書いたのに。



ようわかりませんが・・・

ま、気を取り直して。



ひとりごとにも書いた事がありましたが、私の家系は風呂屋関係。

親父の方のじいさん、おじさん2人、おばさん、そして親父の5軒。

お袋の方のじいさんが1軒。

じいさんが風呂屋の釜を作り、親父がその工場を継いだ。

筋金入りの風呂屋ですね(笑)



男なら1度は座ってみたい番台も、色々な人のひざの上で私は幼い時から座っておりました。

中学校2年まで座っていたかな?

羨ましいかと思いますが、毎日同じ人です。

別に何とも思わなくなります。



私が座る時は、親父がいなく、お袋が飯の支度をする時。

つまり夕方。

私が座っている時に、同級生の女の子が来れば、あぁ、今居るんだと女の子は帰るんですが、女の子が入っている時に番台を代わったときは可哀想でしたね。

私が下りるまで、風呂から上がれないんだもん。



風呂屋でいい思いをしたのはジュース。

脱衣場に行けば冷蔵庫の中に、いくらでも入っている。

1日2本と決められてましたが、分からないようにもっと多く飲んでいました。多分、親は気づいていたんでしょうけど。



スコールというジュースと、メロンソーダというジュースを混ぜるのが好きでしたね。

クリームソーダのような味になりました。



あと良かったのは、営業前まで風呂の中が遊び場になる事。

タイル絵の壁だったから、庭球くらいならぶつけても大丈夫。

ということで、雨の日もそこでテニスのラケットで壁テニスができ、そこそこテニス部でもない私が上手くなれました。

汗をかけば、風呂がすぐ横にあるわけだし。



今、儲けが無いから風呂の栓を抜かないで、残り湯の上に発砲スチロールを引き保温をして、翌日そのまま沸かしている風呂屋が多いそうです。

一応、ろ過器を通しているみたい(通してない所もある)ですが、私みたいに臭いの敏感な人には分かると思います。



それからろ過器を通しても、菌は取り除けません。

といっても、時々保健所の立ち入り調査があるそうで、ほぼ100パーセント、菌は検出されてないということです。





|

« 蛍を家族で見に行った | トップページ | 紙飛行機飛ばし »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蛍を家族で見に行った | トップページ | 紙飛行機飛ばし »