« 紙飛行機飛ばし | トップページ | シックスナインの日 »

2009年12月30日 (水)

月に150時間残業

高校卒業して、警備会社に入社した。

技術職で入ったんだけど、結局だまされた形で数年警備員をさせられた。



警備と言っても機械警備。

建物に警報機が付けられており、侵入事件があれば本部に警報が行く。

そこで近くに待機している人間が、来るまで駆けつけて泥棒を捕まえるというしくみ。



めったに侵入事件はないが、結構機械が誤作動を起こし駆けつける羽目に。

基地、北、東と当時下関を3分割。

仕事、非番、仕事、非番、仕事、非番、公休という1週間のローテーションで、3つの場所に配置される。

ちなみに、夜勤は18時から翌日の10時まで。

途中、3時間の休みがもらえることになっているが、忙しい時は無し!!



が、東の配属は何もない時も多く、TVやパーソナル無線、漫画に小説を持って行き、時には友達も遊びに来るという極楽。

22時くらいに仮眠に入り、起きたら10時を過ぎて慌てて本部に帰ることも。



基地の時は、隊長や警送の人もいて、トランプやカードのマージャンしたり、色々なところに電話をかけたり。

が、それも数年後、本部が徳山になり山口県全てをそこから指示を出すようになり、無茶苦茶はできなくなりました。



結構面白く、ボーナスも年5回あり、小遣いも困りませんでした。

難点は、盆正月、日曜日は当然無し。

夜の仕事だし、結婚して子どもが出来たらどうしようかと思ってましたが、横浜に出向となりそこでも約束を破られて腹を立てていました。



当時は週休1日。それにもかかわらず、月に150時間残業。

体(頭?)がおかしくなり、階段を上れなくなってしまいました。

右足の次は左足を上げれば階段を上れるんですが、右足の次にまた右足が上がるというような行動が何度かあり、こりゃ辞めないとやばいと思いすぐに辞めて帰ってきた訳です。



仕事中、結構怖いこともありました。

泥棒を捕まえる時もそうなんですが、結構幽霊が出るところも・・・

続きは、またそのうちに。





|

« 紙飛行機飛ばし | トップページ | シックスナインの日 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紙飛行機飛ばし | トップページ | シックスナインの日 »