« 結局強風で本日も釣に行けず | トップページ | TVチューナーが付いてます »

2009年12月12日 (土)

ふと最近立ち止まってみた



きっかけは、娘が小学校を卒業する事。

いったい自分は、娘の年に何を考えて生きていたか?



そう思って自分の覚えている一生を振り返ってみた。

出来事はすでに記憶の奥にしかない。

では風景は?

そう思い思い浮かべる。



生まれ育った町は、車で30分くらいのところ。

何かをするために行くが、ほとんど通り過ぎているのみに気づく。

頭の中にある風景と、今通り過ぎるだけの町並み。

町は生きている。少しずつではあるが、どんどん変わっていき後には決して戻らない。



ちょっとじっくり見てみよう。

そう思って生まれ育った町に出かけてみた。



まずは実家。これは親父が死んで売り払い、今は崩して誰かが住んでいる。

近くにある家の半分くらいは、私の記憶にある家々ではない。

記憶にあるところを写真で撮る。

これでとりあえず、自分の過去の記憶を写真として確保。



それから小学校。最近問題になっていて門のところには「関係者以外立ち入り禁止」の文が下がり、門を閉ざしている。

が、土曜日だからと開いている門から入り、学校の色々なところを写真で撮る。

当時3000人以上の生徒が、この学校に通っており、校舎が足りずにプレハブも立っていたが今は運動場になっていた。

が、全部の校舎があり、私の記憶とほぼ同じ。

ただ、講堂は体育館に建て替えてあり、私が知っているものではない。



転校したので次の小学校に向かう。

その途中で、昔住んでいた風呂屋2箇所による。

裏から入って(不法進入しようと思ってました(笑))、久しぶりに中のタイル絵を見ようと思っていたんですが、人が住んでいました。

風呂屋の入り口を見ると、何と風呂屋の名前と親父の名前の字が板に書いてある・・・

死んだ親父の面影をこんな所で。25年ぶりに訪れるこの場所で見つけるとは思いもよりませんでした。

今度バールを持って行き、住んでいる方に事情を話し、この板を頂けないかとお願いをしようと思いました。



裏に回り、釜場で親父の作った釜も見ようと思いましたが、すでにそこには釜場の建物は無し・・・

ちょっと寂しかったです。

次の風呂屋も人が住んでおり、外からのみ撮影。



そうして2箇所、次に通った小学校に行き、最後に中学校に行き思い出の写真の捕獲。

どこもそう変わっておらず、一安心。



しかし人間の記憶のあいまいさを、改めて感じました。

こんなところに砂場があったんだとか、え、こんな所に日時計がなど・・・



距離にしてたった30Km。しかし、時間に直せば25年の月日がたっていました。

これが距離が長いと、一生行けない人もいるんでしょうね。

そう思うと、私は近かったし、時間の重みに気づいたのですごくラッキーでした。



いや~、本日はつまらない話を長々と・・・





|

« 結局強風で本日も釣に行けず | トップページ | TVチューナーが付いてます »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結局強風で本日も釣に行けず | トップページ | TVチューナーが付いてます »