« 初詣 | トップページ | 転ばぬ先の杖 »

2009年12月 9日 (水)

そんな苦労もあるのです

寒いと、工房での作業が苦になる。

ファンヒーターが点けばいいのだが、着火まで約2分。

凍えながら待機を余儀なくされる。



それから、ドブ浸け。

冬になると、セルロースの粘度が上がり、どぶ浸けした後の滴りの時間が長い。

これが頭からのぶら下げなら、浸けた後ほおっておくのだが、尾っぽの方から吊るした時が問題だ、



滴りが、アイと下顎のあたりにたまり、このまま固まると後に取り除くのが面倒だ。

と言う訳で、滴り終わった頃に、綺麗に取り除かないとならない。



損な訳で、交互に浸けるのだが、尻尾の方からつるす時が、憂鬱で・・・

そんな苦労もあるのです(笑)。





|

« 初詣 | トップページ | 転ばぬ先の杖 »

ルアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初詣 | トップページ | 転ばぬ先の杖 »