« 吊るし上げ | トップページ | コザクラインコ 羽を切ろう »

2009年2月 1日 (日)

コザクラインコ 朝から訓練

雛と思いきや、既に飛べるようになってやって来たコザクラインコのキョンちゃん。



触ったり肩に乗せたりするのは全く問題ナッシング~なんですが、呼んでも全く飛んでこない。

自分で雛から訓練をしてたらこんな事は無いんですが、これじゃ、つまらん。

そんな訳で訓練開始。



鳥で訓練と言えば、餌で釣るしかないわけで。



よく犬を餌で動かす人を見ますが、あれはいけません。

犬は賢く、人間と信頼関係が出来、ほめてもらう事で喜びを感じます。



餌を使うと餌をあげない時なんか不満な顔をしやがるし、それが続くと渋々したり言う事を聞かない奴もいます。



しかし、鳥は犬ほど頭が良くない。

しかもまだ雛。餌で釣るしか方法はございません。



可哀相ですが1回のの量を少なくし、腹ペコ状態を作ります。

で、ごはん、ごはん~!!と大騒ぎ状態に。



そこで手を出し、その先に餌の乗ったスプーン。

子鳥はまだあんぽんたんなんで、手と言う認識は無し。

ただの障害物の先に餌がある程度にしか見えて無し。



そこで手のひらを上にし、親指だけをピクピク動かします。

そうして手という所は、ピクピク動く場所と言うのを認識させ、その先に餌があるというのを分からせてやり餌を食べさせます。



一口やると手のひらから降ろし、再度手のひらを差し出し指を動かしの繰り返し。

昔、セキセイインコを慣らせた方法。

慣れない子もこの方法で慣れました。



それを繰り返すと、夜には飛んでやってくるようになりました。

簡単にここまで出来るようになったのは、前の飼い主の方も可愛がっていたからでしょうね。

やっぱ、環境が変わったり人が変わると、鳥の方も付いてはこれない。



既に飛ぶ事も餌を勝手に食うことも出来ますが、今のうちに恩を売り仲良くなっておかないと、この先10何年もつまらん関係です。



もう少しの間、小さいゲージの中でおってもらい、餌も人間があげるようにしようと思います。

|

« 吊るし上げ | トップページ | コザクラインコ 羽を切ろう »

ペットを含むもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吊るし上げ | トップページ | コザクラインコ 羽を切ろう »