« 11月19日に初雪!! | トップページ | 昨夜は坊主 »

2008年11月21日 (金)

衝撃の音楽シリーズ OVER オフコース

今回は曲でなくアルバム。



このアルバムに出会ったのは、中学3年生くらいの時。

当時、洋楽や映画音楽、日本では横浜銀蠅なんか流行の音楽。

今思えば、何でもかんでも聴いていた。



しかし、オフコースは何故か毛嫌い。

もう聴こえると耳を閉ざすような感じ。



女々しい。そんな感じだったかな?



当時NHKで、「600、こちら情報部」という若者向けの番組が夕方毎日あり、時々オフコースの情報を行ってる時も、わざと心を閉ざすと言うくらいの徹底さ・・・



ある時、友人の家で遊んでいる時、掛かっていたのがこの曲。



「心はなれて」のインストゥルメンタル。



何、この曲。ええやん・・・・



オーケストラ、弦楽器が悲しく奏でる。



そして最後に、ハープが天を駆け巡るように鳴った後、いきなり「愛の中へ」が・・・



私の脳天にも、グサッと刺さりました。



すごい・・・

オフコースだったんだ、これ・・・

食わず嫌いと同じ、聴かず嫌い。



曲だけでなく、このアルバムの構成が大好き。

起承転結。綺麗にまとまっている。



それがきっかけで、オフコースを聴きまくり。

最初の方のアルバムは「?」の付くような曲もありますが、素敵な曲も多くあり、好きな曲だけを録音してもらいBESTを作ったり。



しかし、既に解散との噂あり。



アルバムも、「We aer」から「over」に。

そして「言葉にできない」の最後のフェードアウトの時に、かすかに聞こえる「We aer over thank you」・・・



やっぱ、解散?



今まで興味すらなかったのに、心配・・・



蛇足ですが、ライブ映像。



1982 10・28だったかな?



武道館での5人でやる最後のライブ。



最初の心はなれての時に、真っ暗の中レーザー光線がゆっくりとさまよい、ハーブの音が終わってどか~ん!!と愛の中へが始まり照明が。



感動物です。



それから「言葉にできない」



小田さんが感極まって歌えず。伴奏のみが流れ、何度も歌おうとするけど声を発する事ができない。



途中からバックスクリーンに、何万本ものひまわりの映像が映る。

ものすごすぎます。



ま、聴いて、見て味噌!

















SIDE A



心 はなれて(インストゥルメンタル)

作曲:小田和正



愛の中へ

作詞 作曲:小田和正



君におくる歌

作詞:鈴木康博 大間仁世、作曲:鈴木康博



ひととして

作詞 作曲:小田和正



メインストリートをつっ走れ

作詞:鈴木康博 大間仁世 安部光俊、作曲:鈴木康博



[編集] SIDE B



僕のいいたいこと

作詞:小田和正 大間仁世 松尾一彦、作曲:松尾一彦、ストリングス編曲:鈴木康博



哀しいくらい

作詞 作曲:小田和正



言葉にできない

作詞 作曲・ストリングス編曲:小田和正



心 はなれて

作詞 作曲・ストリングス編曲:小田和正

|

« 11月19日に初雪!! | トップページ | 昨夜は坊主 »

衝撃の音楽シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月19日に初雪!! | トップページ | 昨夜は坊主 »