« 下関工業 初甲子園!! | トップページ | 分からん人間が分からん人間に・・・ »

2008年7月27日 (日)

衝撃の音楽シリーズ 告白 FUNKY MONKEY BABYS

この世の中。全てが偶然とタイミングで成り立っている。

ほんのわずかなタッチの差で生死が分かれたり、偶然が運命を左右したり。



前日倉庫を探すも、ルアー作りの流し込みに使うあるはずのブロックが無く、仕事帰りに100円均一に行く事に。

途中、ギリギリのタイミングで信号に引っかかり、その後も前を走る車のノロノロ運転にイライラ・・・



100円均一に付きブロックを探すも無い。

帰ってもう1回倉庫を探そうかと思いきや、灼熱の倉庫を汗だくで探す気分になれず、代用品になるべき食用品のタッパを物色していた。



すると・・・



君に伝える事がある・・・



なぜか急に胸に飛び込んできた言葉。

前奏も心に引っかかっていたのか?

思わず立ち止まって聴き入ってしまった。



途中からラップ調に変化し、少年を脱したばかりの男の子の告白が始まる。

40歳を過ぎたおじさんの自分。

どうもラップ調の韻を踏んだりするのが鼻に付いたりする。

フランスの歌じゃあるまいし。

そんな訳で、ラップと言うのをあんまり好きでない。



しかし、このすぅーっと心に入ってくる切ない歌詞。

胸を締め付けられる。



たまたまこの日、目覚める直前に見ていた夢が、歌の男の子と同じ頃。

自分と付き合っていた彼女と付き合っている夢。

今では考えられないシャイなあの時の自分と同じ気持ちを思い出させる曲。



結局最後まで立ちすくみ、聴き入ってしまった。

何、今の曲・・・

誰が歌ってるの?

有線だったんで説明なんかも無し。

既に次の曲がかかっている。



こんな素敵な曲を初めて聞いた時、出会ったという表現がふさわしい。

ブロックが無くなった偶然。

信号に引っかかったタイミング。

前を走っていたノロノロ運転のおばさん。

店にブロックが無かった偶然。

その時間に有線にリクエストしてくれた人。



全ての偶然とタイミングが合わなければ、この曲と出会うことは出来なかった。



しかし、曲もグループもわからない。

そこでわずかに残った頭の中のフレーズを書き、17歳年の離れた妹に聞く。

ちょっと時間が経ち、その曲。

FUNKY MONKEY BABYS の告白じゃない?と返事。



すぐ歌詞を調べるとビンゴ!!



早速、You Tubeで調べると、プロモーションビデオがあったんで見る。



情けない事に、涙うるうる。

船越さんが、ええ味だしてます。

胸がきゅんと来る、歌と映像がぴったり合った素晴らしい物です。



1度は見るべし!!



FUNKY MONKEY BABYS の 告白 はここから。



http://jp.youtube.com/watch?v=JLF5JsPXuSk

|

« 下関工業 初甲子園!! | トップページ | 分からん人間が分からん人間に・・・ »

衝撃の音楽シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下関工業 初甲子園!! | トップページ | 分からん人間が分からん人間に・・・ »