« 蛍乱舞 | トップページ | 旋盤 ガクブル!! »

2008年6月 8日 (日)

衝撃の音楽シリーズ サムデイ 佐野元春

http://jp.youtube.com/watch?v=RAeUIllxO_U



この曲とであったのは、19の時。

会社に後輩が入ってきて、座敷さん。これ聴いてみてと1本のテープをもらった。



そいつは佐野元春ファン。

そんな名前さえ聞いたこと無い私・・・

そいつが、私のためにベストをわざわざ作ってくれたということだ。



当時の私は、音楽の80パーセントをオフコースを占めていた。

まぁ、気が向いたら聴こうと思っていた。



気が向いて、車のオーディオにカセットイン。



流れてくる音楽は、心地いいリズムを刻んでる。

お、いいやん。これ・・・



でも、聴いたことのある声だな・・・



後に分かったのだが、大滝詠一が組んでいたバンド。

ナイアガラに居たんで、その声は聴いたことがあった訳だ。



アンジェリーナの後に、その曲は入っていた・・・



タカ・たっ・たっ・たっ・たっ・たっ・たっ・・・・パーカッション



チャララ・ラララララン。ラララララン・・・・・ピアノの鍵盤が力強く・・・



ドバーっと、血が下がった。



歌の詩もいい。

尾崎豊ほど悪くなかった私・・・

この歌と比べ、ちょうど原寸大位の悪さ・・・

そして切ない恋・・・



間奏のサックスも最高!!



すごい・・・



そして、今・・・



去年の小田和正さんのクリスマスの約束という年1回の音楽番組。

それで小田さんの佐野さんの2人でこの曲を・・・

脱糞・・・



色々なCDに、この曲が入っている。

様々な年にレコーディングされたサムデイ。



みんな同じ局だが、佐野さんが年を重ねたお陰で、様々なサムデイになっている。

どれもいい。

最高。



一時期、年をとってこの曲を青臭く感じて歌うのに抵抗があったとどこかで言っていた。

けど、もう少し年を重ねて抵抗無しに歌えるようになったそうだ。



今は白髪交じりのモジャモジャ頭。

格好だけ見ると、後姿は現役時代のマラドーナみたいな体系になっちゃいました(笑)



しかし、それでもカッコイイ。

あんな年のとり方をしてみたいです。









|

« 蛍乱舞 | トップページ | 旋盤 ガクブル!! »

衝撃の音楽シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蛍乱舞 | トップページ | 旋盤 ガクブル!! »