« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月29日 (日)

デジカメ オリンパス ミュー 1020 買いました

img_3395.jpg

以前から、これいいなと思っていたオリンパス ミュー 1020。



29800円。でポイントが18パーセント付いて実質24500円だったかな?



価格ドットコムでみたら、送料込みで23310円で売っている。

さて、値切る事に。



しかし色々やってみたが、この値段じゃ原価割れだから出来ないと言われた。

ここで買えば、5パーセント上乗せで保険も付く。

現金は持ってない。

カードで買えば、18パーセントのポイントも少なくなる。



カードで買って18パーセントのポイントをくれるんやったら買う。

そう言うと、ヤマダ電機のカードを作ってくれるならという事で決着。

黙っていりゃ分かんないのに、どこからか500円の割引カードを持って来て割り引いてくれる。



うん、親切だ。



最近、キャノンのデジカメのL2が調子が悪い。

すぐに電池切れのサインが出てスイッチが入らない。

何度かやると、ようやく電源オン。

これ、コンパクトで気に入っていたんだけどねぇ。



同じシリーズで新しいのがあるんだけど、画素数は上がっているが望遠が少なくなっている。



しかし、このミュー1020は光学望遠が7倍。デジタルが5倍。

最大35倍の望遠となる。

まぁ、デジタルズームは汚くなるから使わないんだけど、7倍のズームは大きい。

そんでもって1010万画素でこの薄さ。この価格。

決めました。



もうしばらくは、釣りに連れて行くのはキャノンのL2。

壊れるまで何匹の魚を撮れるだろう。

| | コメント (0)

2008年6月27日 (金)

諫早湾 水門 開門!!

国が画期的な判決をしました。



遠くの出来事ですが、海を愛する者の1人として、あの締め切りは違うでしょと思ってました。



金を回す為にやった工事でしょうが、爪痕は酷過ぎます。

自然が壊滅したといっても過言ではないでしょう。



近所の池。

旧下関海上警察署の前。

下関のいっさるさんが通っていた長府の海。



締め切られて土を盛られ、死んでいった魚や蟹や貝。

池には亀も居ましたが、逃げることも出来ずに土の下。



見ていると心が痛みます。



自然あっての生。

お偉いさん方、全く分かっておりません。

嫌、分かっているんだろうけど地元利益優先。

つまり自分の選挙の時の獲得票ばかりを考えているアホ。



そんな奴は、とっとと落としてしまいましょう。

| | コメント (0)

2008年6月26日 (木)

今年のブドウは・・・

img_3386.jpg



うちには3本のブドウの木があります。

2本はデラウェア。

もう1本は巨乳・・いえ、巨峰です。



実が生ってるデラウェアは、もう植えてから10年は経つと思いますが、3年前からようやく実をつけるようになりました。



3年前は1房。それに10数個なっただけ。

それでもようやく生った実。

すごく嬉しかったです。



そして去年。

食いきれないほど生りました。



今年はそれ以上。

粒の大きさも、標準より少し小さいくらい。

もうじき標準の大きさになると思います。

それから色付けが始まり収穫・・・



私も待ち遠しいんですが、愛犬マーブル君も去年散歩が終わった後に食べてまして。

今年も生っているのを知っており、じ~っと実を見上げている時があります。



ブドウの右下にはトマトが植えてあり、それも好物。

こっちは勇気があれば1歩踏み出して食えますが、そうすれば女房から叱られる事も知っており匂いを嗅ぐだけで我慢してます。



さて実が生らない2本。

そのうちの1本は、去年植えたもの。

もう1本は実が生ってるのと同じ時期に植えたもの。



同じように可愛がってるのに、人間と同じで出来のいい子と悪い子がいるようで。

しかし出来の悪い子が実力を発揮した時、すごいもんが出来ると信じて涎を垂らして待っている座敷童子とマーブル君でした。

| | コメント (0)

2008年6月24日 (火)

宮崎放送 放送事故

http://v.youku.com/v_show/id_XMzE3MzcwNTY=.html



 14日午後2時ごろ、宮崎県高千穂町の水田で開催されていた尻相撲大会で、テレビの生中継番組のリポーターとして参加したテレビ宮崎(宮崎市)の柳田哲志アナウンサー(40)が、水田に頭から落ちた。柳田アナは熊本市の病院にヘリコプターで搬送されたが、頸椎(けいつい)骨折や脊髄(せきずい)損傷で重傷。意識はあるという。

 県警高千穂署などによると、柳田アナは同日、番組の企画で、水田内で2人3脚や尻相撲をするイベントに小学生らに交じって参加。水田上に置かれた発泡スチロール製の土俵で尻相撲をした際、頭から水田に突っ込み、そのまま

身動きが取れなくなった。



PCのニュース欄を見て映像を見ると・・・



人間、こげな位で首の骨が折れるんだとガクブル。

こうして見ると、プロレスラーはすごいよ。

いくら興行といえども、パイルドライバーは首の骨が折れてもおかしくない。



面白さを伝えようと、調子に乗って頭から突っ込んだリポーター。

一生後悔するだろうな。

もし死んでいたら、リポート中に死んだから本望だと無責任な事をいう輩がいるんだろうが、そうだろうか?



自分だったら好きな釣りの最中にでも死んでしまったら、死ぬ直前に今日は来なけりゃよかったと後悔する事間違いなし。

| | コメント (0)

2008年6月23日 (月)

健康診断ありました

本日健康診断。



おうおう、去年より体重1Kg減ってるやん~



視力も1.5に戻ってるし~



へ? 今年からメタボ検診?



胴回り 80cm。

これってメタボなの?

20歳くらいの時は、逆三角形の体つきでウェスト55cm。

今は浮き袋みたいになってるし・・・



バリウムは昔と違って量も少ないし、味も美味いけど喉を通らないんだよね・・・

台の上で、逆さまにされるのはイヤだ!

血が上っちゃうよ。



下剤を飲んで、5時間後に無事出産。



帰ってネットで見ると、ウェスト90cm以上がメタボなそうだ。

80cmだったらセーフだね。



けど血液検査で、中性脂肪が・・・



がくぶる・・・

| | コメント (0)

2008年6月22日 (日)

朝からルアー作り

AM8:30 起床。



まずは、ウサギのはな君のゲージを開けトイレに行ってもらう。

TVをつけてサンデープロジェクトにチャンネルを変える。



さて、本日。何をしようか・・・



ふと見回すと、先日バルサを切ってアバウトのケガキを入れたのが目に付く。

これ削ろう・・・



飯も食わずに開始。

飯を食ったり休憩したり。

17時までに削りだし10数本完了。



これでオモリとアイを入れ込むと、ドブ浸けの工程に入れる。

21時までに、それを2本完了。



はぁ・・・結局9時間少し、日曜日を使いルアー作りに励んでしまった。

工房には20本近く、ぶら下がってるのに。

あんまり時間を空けるのは良くないんだけど、カブリが入って取るのが面倒なんで放置プレー。



アイ入れ前のアバウト90も、40本近く放置してるし。



あぁ、玄関の引き出し。

工房。

サイドボードの上等・・・

色付け前でサンド掛けのデビルも仰山ころがってるし・・・



これだけ家中に、作りかけのルアーが転がってる家なんか、めったにないね。





| | コメント (0)

2008年6月21日 (土)

水辺の様子は・・・

昨日は現場に行って、予想通り釣りにならない状況を確認。



おそらく本日もと思うが、こればっかりは行ってみないと分かんない。

ごみの浮遊、流れの速さなんかでダメと思ってやってみたら、爆った事もあったし。

ダメと思ってもやってみないと分かんない時もある。



ただ危ないと思って帰る勇気が最近大きくなったと思う。

それと足し算引き算。

つれない可能性が大きいなら、帰って寝るべ~という堕落した心。



年をとると言う事は、こんなもんかな?

| | コメント (0)

2008年6月20日 (金)

送別会も終わったことだし・・・

今から出撃~!!



と行ってみましたが、釣りができる状態でなく帰宅・・・





こんな事だったら、飲めばよかった・・・

| | コメント (0)

2008年6月19日 (木)

ゲジゲジ アゲイン・・・

ダイソーの蓄光ビーズも探しまくるが無い。

これでゲジゲジの再作成の夢も潰えた。



ゲジゲジは癖のあるルアーだが、はまれば恐いルアーだ。



アバウト90で釣れない時は、ゲジゲジを流すと食ってくる時も多い。

どうにかして作らねば。



そこで型取りして、液体の合成樹脂を流し込んで作ることに決定。

只今、比重などを調べて近いのを見つけてます。

| | コメント (0)

2008年6月18日 (水)

恐怖! マーブル がくぶる!!

img_1187.jpg

一昨日、気が向いたんでマーブル君を玄関の中に入れてあげた。

風呂に入れた日には、部屋に上げお泊り。

この日は、風呂に入れて居なかったんで、靴を脱ぐ所でお泊り。



で、夜中・・・



私は爆睡で気付かなかったが、2階の寝室のドアの向こうで異音・・・



実はマーブル君。

雷がすこぶる恐い!



雷が鳴ると、大好きなご飯にも心動かず。

小屋の中で震えています。(笑)



さてこの日は、お腹が鳴るくらいの雷の音。

そんなもんで正気を失い、恐ろしくなって上がってきたらしい。



女房は気付いたらしいが眠たいので放置。

朝起きて、2階にも玄関にもおらず。

PCのデスクの下に潜り込んでいたとか・・・





| | コメント (0)

2008年6月16日 (月)

よう分からん うちの会社・・・

うちの会社は従業員が500人以上いる、まぁまぁの規模の会社だ。

しかし以前にも書いたが、上の人間のやる事がよう分からん。



一生懸命教えた、ようやく覚えて一人前の仕事が出来るようになると、ぽんと全く関係の無いよその部署に飛ばす。

そんでもって、新しい新人などを入れて1から再度教えないといけない。



何のために教えたか、全く分からん。

教え甲斐が無い。

無駄を省け云々言うが、人を教えて一人前にするのに、どれだけ金がかかっているか全く考えてない。

無駄。



春に私はトラックの運転とプレス作業をするように言われた。

しかし社長の一言で、1ヶ月くらいで部署移動。

プレス作業なんか、覚える暇も無し。



私の次にトラックの運搬に決まった人は、1週間もしないうちに部署移動。

おいおい、何のために運搬先などを教えたんだと力が抜ける。



そして本日。

旋盤作業を覚えるように言われた私。

2日練習しただけで終了~。



聞けば加工した部品を仕上げをする人が居たんだけど、その人派遣の人だって。本日、初めて知った。



そんで、今月末で契約が切れ延長しないとの事。

後は座敷さん、ヨロシクとの事だ。



え”~~~!!!



そりゃ図面をそんなに見ないでいい仕上げの仕事はいいけど。

でもあと半月で仕事を全部覚えろって、そりゃ無理。

ちゃんと教わってから契約を切るならまだしも。



その人は5年も居たからベテラン。

うちの社員にしてあげればいいのにと思う。



本当に、人を無駄にチェスの駒のように動かし、よう分からん会社だ・・・

決まったけど、またどうなるかもしらん。

明日が分からん会社です。

| | コメント (0)

2008年6月15日 (日)

サンパーク、行ってみました

最近リニューアルオープンしたサンパークに行った。

もう車が多いのってなんの・・・



普段なら7分くらいで着くのに、20分はかかっちゃいました。

中も当然変わっており、とりあえずは散策。



しかし・・・



人が多いと言うことは、おなごも多い。

そこで人間観察開始。



お、あの前の子。すごく足が綺麗。

あのこ、あの足でミニスカは無理がある・・・



など、女房にひそひそ・・・



しかし、足が綺麗でも前に回ったら絶句とか・・・



結構可愛い、綺麗な女の子もおりまして、店を見るより女の子を見る時間の方が多かったような(笑)

| | コメント (0)

2008年6月13日 (金)

衝撃の音楽シリーズ 鞄を持った男  マーク ゴールデン バーグ

今回から、you tubeの映像を過去のも遡ってUP。



http://jp.youtube.com/watch?v=aWo1aNdn6fQ



この曲に会ったのは、小学校か中学校に入るくらいの時。

サントリーのウィスキーのCM。



スペインのサグラダファミリアをロケ地にした、摩訶不思議な世界を映像。

そのバックミュージックでかかっていたのが、マーク ゴールデン バーグの鞄を持った男という曲だった。



しかし、やっぱ当時はネットなんか無いから曲のタイトルも分かんない。



そして数年後。

TBSの「父母の誤算」というドラマの挿入歌で、この曲が使われていた。

しかし知恵も無くスルー・・・



数年後、再放送を見て思いついた。

テロップ見れば出てるかも?

それで目を皿のようにしていると、テロップにこの曲が。



ゲット!!



すぐさまCDを買いに。

CDプレーヤーを持っていなかったんで、サンチェスを貸してくれた伯父の所でカセットにダビングしてもらう。

貸していたらそのまま帰ってこなくなった・・・



そして数ヶ月前、またしても無性に聴きたくなり再度購入です。



不思議な世界を御堪能あれ・・・

| | コメント (0)

2008年6月11日 (水)

そのときは彼によろしく

始まりがあれば終わりがある。

いい事も悪い事も永遠ではない。



楽しい事が終わってしまうのは淋しいもの。





例えば夏の夜の花火。





最後の大きな花火が上がってしまうと終わり。

分かているんだけど、その大きい花火を見たい。

ワクワク。ワクワク。



大きな音と共に至福の時間。

そして終わり。

気付けばそれは、夏の終わりでもある。



おっと、今回はいい事書いてるぞ(笑)



そのときは彼によろしく。



市川拓司という人が書いた小説。



たまたま古本屋で見つけ、おそらく3ヶ月は車の後部座席で存在を消していた。

1冊の本を読み終え、10何冊かストックとして置いてある車の後部座席のレジ袋の中に手を伸ばし、たまたま引いてしまったのがこの本。



いま、会いにゆきます は、映画にもドラマにもなった。

同じ人の作品。

何と言うクライマックスの終え方。

こんな終わらせ方もあったんだと、思わずうならされた。

同じ人が書いていたと言うだけで買っただけ。



読む・・・



すごく心地いい会話。

どんどんストーリーにも引き込まれ、普段は1週間くらいかけて小説を1冊読むペースなのに。



夜眠るのも惜しいくらい。

こんなに早く読んじゃうと、終わりが近づいちゃう・・・

でも早く夏の夜の大きな花火のように見てみたい・・・



結局足掛け2日。駆け足で読んでしまいました。

3時間くらいかかったでしょうか?

昔なら2時間で読み終えてあっただろうに。



これも年のせいか?



ただ年も裏返せばいいもの。

数年経ったら、この物語もうろ覚え・・・

またその時、この本を読む楽しみが出来たと思って・・・



この本、いいです。



汚れのある、我が釣り仲間には良さが分からんだろうけど。(大爆)

| | コメント (0)

2008年6月10日 (火)

旋盤 ガクブル!!

本日、本職?の鏡仕上げが一段落。



え、次は明後日!?



じゃ、とうとう旋盤をやらんやいけん・・・

胃腸覚悟は昨日からしてましたが・・・



家にある旋盤は、ホビー用。

それと工業用のねじ切り旋盤。

工業用の本格的な旋盤を使うのは、この日初めて。



使い方は何となく分かったけど・・・

ハンドル操作反対にしちまったぁ~!!



まぁ、まだ製品じゃないからいいようなものの・・・

本番だったら、3滴ほどちびっちゃってます。



とりあえず、今日見た図面は私でも理解できた。

明日は、まるまる旋盤をやらされるだろう。



長い一日になりそう・・・







| | コメント (0)

2008年6月 8日 (日)

衝撃の音楽シリーズ サムデイ 佐野元春

http://jp.youtube.com/watch?v=RAeUIllxO_U



この曲とであったのは、19の時。

会社に後輩が入ってきて、座敷さん。これ聴いてみてと1本のテープをもらった。



そいつは佐野元春ファン。

そんな名前さえ聞いたこと無い私・・・

そいつが、私のためにベストをわざわざ作ってくれたということだ。



当時の私は、音楽の80パーセントをオフコースを占めていた。

まぁ、気が向いたら聴こうと思っていた。



気が向いて、車のオーディオにカセットイン。



流れてくる音楽は、心地いいリズムを刻んでる。

お、いいやん。これ・・・



でも、聴いたことのある声だな・・・



後に分かったのだが、大滝詠一が組んでいたバンド。

ナイアガラに居たんで、その声は聴いたことがあった訳だ。



アンジェリーナの後に、その曲は入っていた・・・



タカ・たっ・たっ・たっ・たっ・たっ・たっ・・・・パーカッション



チャララ・ラララララン。ラララララン・・・・・ピアノの鍵盤が力強く・・・



ドバーっと、血が下がった。



歌の詩もいい。

尾崎豊ほど悪くなかった私・・・

この歌と比べ、ちょうど原寸大位の悪さ・・・

そして切ない恋・・・



間奏のサックスも最高!!



すごい・・・



そして、今・・・



去年の小田和正さんのクリスマスの約束という年1回の音楽番組。

それで小田さんの佐野さんの2人でこの曲を・・・

脱糞・・・



色々なCDに、この曲が入っている。

様々な年にレコーディングされたサムデイ。



みんな同じ局だが、佐野さんが年を重ねたお陰で、様々なサムデイになっている。

どれもいい。

最高。



一時期、年をとってこの曲を青臭く感じて歌うのに抵抗があったとどこかで言っていた。

けど、もう少し年を重ねて抵抗無しに歌えるようになったそうだ。



今は白髪交じりのモジャモジャ頭。

格好だけ見ると、後姿は現役時代のマラドーナみたいな体系になっちゃいました(笑)



しかし、それでもカッコイイ。

あんな年のとり方をしてみたいです。









| | コメント (0)

2008年6月 7日 (土)

蛍乱舞

毎年この時期恒例の蛍観賞。



家から車で2分の所に、蛍が飛んでいる場所がある。



そこを見て、車で10分走ると、ぎょうさん飛んでいる場所がある。

でも今年はお祭りと重なり、明かりが光々。

蛍はあんまりおらず。



豊田まで行ったら、ゲンジボタルがぎょうさんおるんでしょうが。

1時間弱かかっちゃいますから。



来年も家族3人でいければいいです。

| | コメント (0)

2008年6月 6日 (金)

ダブルヘッダー

さて、あんまりやる気も起こらなかった昨今。



ようやく少し、釣りに行く気が出てきた。



さて、本日はダブルヘッダーといくか・・・

| | コメント (0)

2008年6月 5日 (木)

ガクブル・・・・

毎日、新しい職場で慣れない図面仕事をさせられるかと恐怖でうち震えている・・・



どうも旋盤をやらさせるよう・・・



今日は何とか逃れたが、会社に行く事が恐怖でたまらない。



失敗しても文句を言われないような会社なら何とも無いが・・・

そんな訳無いし。



失敗して、代わりの材料があるならまだしも、そんなもんあるわけ無いし・・・



1個、数百円とかいうもんなら屁でもないが、何万何十万のもんだらけ・・・

失敗は許されない・・・



図面を見れる人なら屁でもないんでしょうが、英語の教科書を見ているようにチンプンカンプン。

こんな人間に、そげな仕事は無理!!



以前何度も図面を見ても、それから立体図が思い浮かばないと本当の事を課長・部長に正直に言ったんだけど。

どうも信じていないよう。



鉄の溶接をさせたら会社一と胸を張って言えるんだけど、図面の理解力はワースト1。

溶接1番の人間が、今やペーペーで全く意味の分からん仕事をヘコヘコしながら仕事を教えてもらわなきゃなんねぇ・・・



私が溶接を教える方だったら、いかったのにね・・・



さて、皆に迷惑かける前に、トンズラかまさねぇとなんねぇ~。

とりあえずは、夏のボーナスまで我慢して・・・



しかし、よさげな仕事。

色々探すけどないなぁ・・・



娘も高校生。

日曜日に遊んであげたりせんでもええ年。

この際、思い切って別のジャンルの仕事にするのもありか。

| | コメント (0)

2008年6月 4日 (水)

衝撃の音楽シリーズ サンチェスの子供たち チャック マンジョーネ

http://jp.youtube.com/watch?v=k8e8mwVxSZA&feature=related



曲の名は、サンチェスの子供たち。

演奏するのは、フリューゲルホーン使いのチャック マンジョーネという人。

ジャンルは、フィージョン。



今までの衝撃の音楽シリーズは、皆知った人、曲だったと思うが、これを知っている人は何人居るだろう?



初めて聞いたのは、小学校か中学校の時。

三菱自動車のランサーかミラージュのCMで使われていた。



力強いパーカッション。アフリカ音楽で今から戦闘に行くようなドラム。

そして連呼する力強い。

フリューゲルホーン

そして静かにかすれた様なフリューゲルホーンに。



脳天突き抜けました。

しかし当時、ネットも無くなんと言う曲かもわからず・・・



しかし成人になった、ある日・・・

音楽好きな伯父のところに行くと、1本のテープをくれた。

聴いてみ。



この伯父。音楽全般が好き。

この人のお陰で、アラベスクやノーランズ。カシオペアやシャカタクなど様々な分野の音楽を聴くようになった。



ちなみにその下の伯父さん。

といっても、私と年は7つくらいしか離れてませんが、その人のお陰でディスコでかかっていた曲や映画音楽を聴くようになりました。



さてそのテープ。

聴いているとフリューゲルホーンのみの曲。

ええやん、これ!!



そして何曲目かに・・

ドンドンドダッタドン。ドンドンドダッタドダッタ。

ドンドンドダッタドン。

ドンダダッタ ドダッタドダッタ・・・・



こ、この音楽は・・・

あのCMの・・・



久しぶりに聴いたこの曲。

やはり脳天突き抜けました。



しばらくして、お礼を言いにいくと、気に入ったか。

やったら、これ持ってけ。

と、もう1本テープを。



帰りに車で聴くと、やはりチャックマンジョーネ。



それにもサンチェスの子供たちが入っていたけど、また違うバージョン。



最初は恐らくギターで超スローテンポで歌も入る。

黄泉の国から響いてくるような・・・

日本の楽器で言えば琵琶のような響き・・・・



渋い声で、「チルドレン オブ サンチェ~ッス~」

と歌い終わった後に、チャララランと弦楽器がなったと思った途端にアップテンポ、あのアフリカの戦闘前の踊りのようなパーカッション・・・・



そしてフリューゲルホーン・・・



CMのとおりの曲が終わると、次はフラメンコバージョンのような感じで、そのままサンチェスの子供たちに。



次の周は、フラメンコバージョンの感じで、歌が入る。



そう、歌で言うなら4番まであり、それぞれ違ったサンチェスの子供たちが聴ける。



脱糞もんです。



そして数年。

そのテープも伸び、捨てた。

伯父のとこに行けば、レコードがあるからテープに録音してもらえるが、どうせ伸びて聴けなくなるにきまってる。



CDを探すも無し。

レコードのみで、CD化されていないようだ。



どうしても聴きたい。

探しあげると、昨日輸入版ならあるというのが判明!!

やった~!!

来月、ボーナスが入ったら早速買おう~!!

と思う座敷童子でした。



さて、このサンチェスの子供たちには1つの出来事が・・・

23歳の時、朝通勤途中。

峠でこの曲に。



乗り乗りで運転していたら、コーナーの途中に車が見えた。

あほな事に、調度ぎりぎりの速度でアウト・イン・アウト。

夜なら対向車がライトで分かるが、その時は何も考えずに曲に合わせて突入!!



フルブレーキ!!

雨の振った直後。

ブレーキなんぞ役に立たず・・・



ごん!!



はい、正面衝突して車は大破。



もう、大人ですから、乗り乗りでスピード出しませんです・・・

| | コメント (0)

2008年6月 3日 (火)

愛すべき M美

本日も突然召集命令が来て、転籍組みが研修を受けさせられる。



昨日と同じ、隣はTOPページの女の子 M美。



一生懸命聞いて、しきりにうなずいている。



さて、今日はISOの説明。



その中で、うちの会社で作っている装置の説明があった。

何を説明したいかというと、気圧が低いところでは沸点、融点が低くなると言う説明。



分かりやすく説明するために、富士山の頂上では水は気圧が低くなるので100度で沸騰せず、それより低い80度弱で沸騰すると言いたかった訳だ。



それを説明するために、「M美さん、お料理しますか?」

「はい」やたらと元気よく。



(ホントかいなぁ~・・・カップラーメンとかも、こいつにとっちゃ料理かも)私・・・



「では、お湯が沸騰する温度は何度ですか?」



一瞬間があった後、



「うちの家では、2~3分で沸きます!」



必死で笑いをこらえる私・・・いえ、奴を除く、そこに居た皆・・・



M美。

お前のそんなところ、大好き。

一生ついて行きますわ~(大爆)

in_p_top_02.jpg

| | コメント (0)

2008年6月 2日 (月)

荒ぶる魂!!

職場配属変え1日目・・・



朝から全体朝礼。

気分が悪くなって退場者数名。

ひどいのは、ぶっ倒れて地響きさせ担がれて退場する奴も。



終わったら研修だと。

2時間くらいで終わるかと思いきや、終わってみれば丸1日・・・



研修者は、トップページのM美を含め6人。

訳の分からん難しい講釈をO顧問が・・・



分からん・・・



分からん・・・



分からん・・・



血圧がどんどん上がっていくのが分かる。



体中、虫唾が走るように感じる。



手を見ると震えている。



体がおかしい。



むずむずする。

蟲などが脱皮する時は、こんな感じか?



殻を破ってしまえ・・・



殻を破ってしまえ・・・



荒ぶる魂が、殻を破って出てきそう・・・



できん。図面なんか分からんし・・・



O顧問の言ってる意味の3分の1も分からん・・・



「すみません、会社辞めます」



喉から何度言って、部屋を出て行こうかと思った事か。

言えれば楽になる。



ただ言うなら次を見つけて言わないと・・・



家族の姿が、荒ぶる魂を押さえつける。















| | コメント (0)

2008年6月 1日 (日)

やる気がおこらん・・・

(爆)

やる気がおこらん・・・とタイトルを打ったら、前にも同じタイトルがあった。



気分が乗らんと、何をやっても面白くない。

昨夜も釣りに行こうと思いきや、月曜日からのことを思うと気が重い。



なんか、つまらん・・・

や~めた・・・・



どうしたん、行ってくればいいのに。と女房。



うん・・・



けど行っても、つまらなそうだし・・・

やっぱ行くのよすわ・・・



あれだけ好きだった魚釣り。

どうも気が乗らん・・・

こりゃ、重病だ。



まだ末期の癌患者の方が、やる気があるかも。



さて、魚釣りは面白くないが、まだルアー作りの方は何とか手が動く。

釣りに行かないんなら、ルアーは要らないのに。



矛盾はしているが、やれるうちにやっておこう。

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »