« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

原付バイク

本日、久しぶりに原付を引っ張り出す。



一昨年まで、夏はちょっとだけ乗っていたけど、とうとう昨年は1回エンジンをかけたのみ。

その1回もバッテリーが上がっており、車のバッテリーに繋いで始動。



当然今年も動く訳も無し。

車のエンジンに繋げると、苦しみながらもエンジン始動。

町内を3周したところでエンスト。



ガス欠だぁ~。



やっぱ1度エンジンを切ると、セルモーターは始動せず。

ガソリンを入れに行きたいが、エンジン切ると再始動は無理なんで。



バッテリーの値段を店に電話して聞くと、1万円位。

オークションだと送料込みで6000円位。



女房の親父に相談すると、充電器を持っているとか。

明日借りて充電してみよう~。



| | コメント (0)

2007年6月29日 (金)

ヤフー 検索

「鱸 山口」 2番目。



「鱸 下関」 1番目。



「下関 シーバス」 4番目。



「山口 シーバス」 21番目。



「エギ 作り方」 7番目。



「疑似餌」 14番目。



「イカ ルアー」 3番目。



「イカ型 ルアー」 1番目。



検索すると、このHPが結構上位に出てくるのに驚いた!

| | コメント (0)

2007年6月28日 (木)

ペリカンのカッタ君

私の住んでいるのは、山陽小野田市という所。

知らん。

当然。聞いた事すらない人も多いだろう。



隣の下関は、色々とあるんで有名だが。



その反対に位置するのは、宇部市。

宇部セメントなんかは、知っている人もいるかもしれない。



宇部の保育園だったが幼稚園だったか?

近くの公園で飼われているペリカンが遊びに来るのが、一時話題となった。



娘が本日・・・

わたしが帰ってくるなり、今日ペリカンが学校に来た。とな。



ペリカン?

宅配便?



本物のペリカンが来たんよ。



話を聞くと、昼休みに運動場にいたんだと。

そりゃ、おもろそう。



みんなが追っかけるんで、校長が保護したんだと。



家にくりゃ、大歓迎してスズキの切り身をやるのにな。

| | コメント (0)

2007年6月27日 (水)

プロポーズ大作戦

フジTVの月9。

ヤマピーと長澤まさみの「プロポーズ大作戦」

ドラマの題名はセンスはないが、内容はモロはまってしまった。



実は私。無理とは分かってはいたが、中学生を過ぎてから小説家になることにも憧れていた。

にもというのは、もう1つはボクサーになりたかった訳で(笑)。



いくつか書いたが、どこにいったやら。

1つは国語の先生に渡したっけ。



学生を終えてからは1回だけ途中までは書いたが、その後は頭の中で色々な妄想しストーリーを考えるだけ。

その1つに、今回のプロポーズ大作戦と似ているストーリーがあった。



ある日、突然我に返った男。

目の前には、自分の好きだった女がウェディングドレスを着て、自分の知らない男と結婚式を挙げる直前の教会。



いったい自分は、これまでに何をしてきたんだと押し寄せてくる後悔の波。

自分も彼女の事が好き。

確かめてはいないが、彼女も男の子とが好きなのは明白だったはず。



なぜここまで来る間に、何もしなかったのか?

どうすれば、この状態から逆転弾を放てるか?



色々考えたが、この先が難しかった。

式が始まる10分間くらいの時間を小説にするには、あまりにも少なすぎる。



過去のことを書くのもありだが、いかにつなげるか?

どう逆転ホームランを打つのか?

そこで座礁。放置!!



しかし、この物語はすごい。

妖精が出てきて過去にタイムスリップ。

SF好きの私だが、タイムとラベルと繋げる事には頭が働かなかった。



女々しい男の話しだけど、終わり方も良かった。

さすが本職。

やっぱプロ。



DVD出たら、もう1回見たいなぁ~。

| | コメント (0)

2007年6月26日 (火)

慣れ

慣れというものは恐ろしきもの・・・



会社ではスレート屋根の下で、黙々と溶接。

そして終了した物を次の工程に運ぶ。

1つ20Kg弱位の物。



あるのはスポットクーラーのみ。

安全第一の我が社は、仕事着に火が付くのを恐れ防火エプロンと呼ばれる分厚い物を着なければならない。

涼しい風を感じられるのは、唯一皮膚が出ている顔のみ。

あとは地獄。



そんな過酷な仕事場でしているせいか、自宅は扇風機さえ回っていたらクーラーは要らない。

たまに寝室にもクーラーが欲しいなぁと思う時があるけど、眠りが浅いというのも無いし。



女房が去年よく言っていた。

仕事場が寒いと。



てめ~、亭主は灼熱地獄で苦しんでるのに、何て事を言いやがる!!



うらやましいなぁ・・・

| | コメント (0)

2007年6月25日 (月)

ルアー 95本

毎年、ぎょうさんルアーを作る。



定番のアバウト90。イカデビルがほとんどだ。

けど、毎年新作を作ってみる。

結果はかんばしくない(笑)



2月22日に作ったアバウトジャイアント。

これは失敗作。

スローリトリーブでは泳いではくれず。

ミディアムでは泳ぐんだけど、私の理想とは違う。



只今、少し軽くしてオモリの位置を変更したテスト品が工房にぶら下がっている。



しかし、去年はいったい何本作ったのか。よく把握しておらず。

100本くらいかな?



今年は、たまたま出来上がっているルアーの写真を撮っていた。

あぁ。自分のHPに載せておいたら、1年間で仕上がったルアーの勘定が出来る事を思いついた。



で、出来たのが「仕上がりルアー」の部屋。

見に来る人には興味もないでしょうが、自分の記録の為に作りました。



ひぃ、ふぅ、みぃ、よぉ・・・・



え、既に今年はエギも入れて95本作っている。

この調子じゃ、去年も100本といわずもっと作っていたかも。



作りかけのルアーも100本近くあるし・・・



間違いなく150本は超えそう。



ぎょうさん作っていたら、いい事もあります。

ロストを恐れずにストラクチャーも攻められますし。



ただロストした時。

フックがもったいないなぁ~と思うのと、リーダーを付け替えるのが嫌なだけ・・・

| | コメント (0)

2007年6月24日 (日)

ゲジゲジ ルアー 完成

img_2441.jpg朝からデカデビルのアイを埋めるための溝を彫り続け、用があったんで家族でお出かけ。



家に帰ってから、削りすぎて手が痛い。

もう今日はしたくない。

しかしTVを見ていたら、手が遊んでいる・・・



はぁ・・・

嫌だなぁ・・・貧乏性は。



そんな訳で先日落としたルアーケースの中にあったルアーの中の1つ。

ゲジゲジを作る事にした。



これ、簡単に出来るルアー。

ジャンルとしては、ハードワーム。

私が勝手に命名。



シーバス釣りで、私はワームを使用しない。

だって餌で釣るのと何の違いが無い。



イートフィッシングで、釣れれば何でもOKの私がこんな事を言うのもなんだけど、面白みに欠ける。

矛盾しているけど、自分の釣りで鱸を狙ってワームを釣る事は未来にも無いと思う。



ワームに違和感を覚えたのは、ルアー釣りをする前にしていた渓流釣り。

実家の隣の畑を掘って捕まえたミミズで、数多くのアブラビレを釣り上げた。



ある日、ブドウ虫がいいと聞き買おうと思ったけど売り切れ。

そのかわりにバイオワームという人間が作ったゴムのようなワームを買って使ったのが私が初めて使った時。



釣りながら考えた。

これ餌?ルアー?

私の答えはその日の夕方出た。

これは餌だ。これが最終結論。



つまり私はワームは餌と思っているから、スズキを騙して釣っているという快感が得られない。



そこで硬い材質を使って作ったワーム。

それがゲジゲジの始まり。



これで釣れる事をある人に言った後。

私の町で、その材料が売り切れていたんで、その人の町に買いに行った。

その店はチェーン店で何件もあったが、何処を回ってもその材料が無い。

何で?



実際、その材料をルアーに使うという発想の人は私以外に居ないし。

その事をその人に言うと・・・



「私が全て買い占めましたァ~」



大爆笑した記憶があります。







ちなみに、ある人=TEPOさんです。(爆)

| | コメント (0)

2007年6月23日 (土)

デビル 削り出し完了

img_2437.jpg

夏が来ると、工房に入るのが辛い。

工房といっても倉庫の中に机や機械を置いたもの。

扇風機は置いてあるが、気温が上がると逆に熱い風を送ってきやがる。



そろそろデビルシリーズが少なくなたぞ。

夏前までに旋盤を使う削りだしの作業まで終えていないと、とんでもない事になるぞ。



よって先日。デカデビルを20本くらい先日削り出し完了。

本日、イカデビルとテロデビル。

50本位削り出し完了しました。



あとの工程のアイ入れは家の中で出来る。

けど、その後着色とドブ浸けは、再度倉庫で行なわなければならない。



まぁ、ルアーを作るスペースがあるだけでもいいと思わないとね。

| | コメント (0)

2007年6月21日 (木)

ルアー完成

img_2436.jpg先週、新作のアバウト7cm。

結構役に立ち、大きさは別として結構釣れた。



ストラクチャーに当て、あわせたお陰でリップをはさんでいる下の部分が折れてしまい使用不可能に。



もう1本仕上げてたんだけど、接着剤の配合が悪くよくくっ付いていなかった。



まぁ、これだけ釣れたんだからOKでしょ。

リップの大きさを変えないといけなかった場合を考え、アバウト7cmは2本しか完成させておらず。



本日リップの付けていなかった3本。

無事スイミングテストも終わり、1軍昇格。



今年はこいつが大暴れしてくれる事を祈る。

| | コメント (0)

2007年6月20日 (水)

釣りのスタイル

自分の釣りのスタイルを考えてみた。



どうやら大物狙いではない。

かといって、小さい物を好んで釣っている訳でもない。



私が好きなのは、フッコサイズの数釣り。

大きさよりは、そのくらいの大きさの魚が多く釣れたほうが楽しい。



いや、当然でかいのがいいに決まっているけど、大きいの1匹釣るよりフッコが5匹釣れる方がいい。



それだけ多くの魚を、自分のルアーで騙した事に満足する。



ただ数を釣ると、必ず大きいのが混じってくる。

私の感覚では、獲れる獲れないは別として30匹に1匹はランカーが掛かっているような気がする。



さて、またフッコ。釣りに行くとするか。(涙)

| | コメント (0)

2007年6月18日 (月)

え、ホモ!?

年に1度。

会社内で健康診断がある。

毎年違う病院だと思う。

それが今日。



今年は最初の組みでまわれた。

これが後の組になると、お昼ギリギリまで胃のレントゲンの為に前日夜から飲まず食わず。

最初の組だと9時半には終わり、会社が用意したパンと飲み物がようやく口の中に入る。



最初の組だったんで、社長の1つ前で一緒にまわる嫌なポジショニング(笑)



色々な検査が終わり、棟に横付けされたレントゲン車に。

1台目は肺のレントゲン。

2台目は胃のレントゲン。



事件は1台目のレントゲン車で起こった・・・



カルテを持ち、担当者に渡す。

車内では私と2人きり。

50過ぎの親父。

何か妖しい雰囲気を感じた。



レントゲンの前に行き、指示が出る前にアゴをのせ機械を抱くようにスタンバイ。

するとスタスタと親父が近づく。



いや、前じゃなく後ろに回して。

言われるように後ろに回して腰の所に。



するとココじゃないと言うように、私の手を握って位置修正。

何だか必要以上に、手を握ってない?

気持ちが悪いのを我慢。

おいおい、そろそろ離せよ・・・



すべすべした。そんでもって、えらく熱い手・・・

これが若い女の子なら大歓迎なんだけど。



ようやく手を離したと思ったら、後ろから両手で私の腰を掴む。

もう少し、こっちに。

レントゲンの中央に持っていこうと、私を掴んで動かす。



言う方に移動。



こっち。

今度は体を密着させて反対に動かす。



それじゃ、最初と同じ場所じゃん!!



尚もくっ付く親父。



ち、ちんこ。あたってるじゃん!!



あー、気持ち悪かった・・・



| | コメント (0)

2007年6月17日 (日)

ルアー 落としちゃった

夜明け前に戻ってきた私・・・

2日続けて朝帰り。

これじゃ、体にいいわけないよ~♪



やっぱ疲労でとぼけていたんでしょう。

早く家に帰って眠るぞ~



zzzz・・・・



で、本日。



久しぶりに車の荷台を掃除。

昨日濡れた物も乾かさないとね。



いっぺん全ての物を下ろしてっと・・・



あれ?ルアー入れていたケースが無いぞ。

探すもやっぱない。



落とした?



中に入っていたもの。



デカデビル13cmだっけ?

アバウト9cmが1個。

イカデビルが2個。

ゲジゲジ1個。

壊れたてのアバウト7cm1個。



もう1個、入っていたかな?



いずれもケースに入れて現場にポケットに入れて持っていっていたもの。

全てハンドメイドなんで、実質的にはほぼタダ。



拾った人。

返せとかけちな事は言いません。

釣れますから、お魚さんを沢山釣ってくださいまし。

| | コメント (0)

2007年6月16日 (土)

久しぶりに、フック指貫通

昨夜、久しぶりに自分の指。釣っちゃいました~(笑)



急いで外したために、抜いたというよりは裂けちゃいました。



刺さっているところを、写真撮影・・・

おっと、カメラの所まで動けないや・・・



そこで抜いた所を、パシッ!!



やっぱ。真っ直ぐ抜かないとダメですね。

ハリというよりは、刃物なんで斜めに抜いたんでしょうね。

8mmほど裂けちゃいました。



まぁ、魚にはこれ以上の事をしてますから、因果応報。

自分の所に帰ってきた訳です。



まぁ、そのうち。

釣行記にて・・・

img_2424.jpg

| | コメント (0)

2007年6月15日 (金)

現場まで行きましたが・・・

風が強く、萎えましたわ~。



早々に帰宅。

| | コメント (0)

2007年6月14日 (木)

釣れんから・・・

釣れん。

過去のデータはと去年の釣行記を見る。



でかいのは2匹釣れてはいるが、それは市販のルアーで釣った物。

それ以外は・・・



今年の方が釣れてるじゃん。

去年は秋からの巻き返しで100匹弱まで追い上げてる。



さて、ポジティブに考えるとしよう・・・

| | コメント (0)

2007年6月13日 (水)

東京の食い物

東京のおじさんを焼いていた時に出た食事。

値段で言えば、結構高い物だと思った。



しかし・・・



お刺身。

全く美味しくない。



鰤だかハマチかは知らんけど、銀色の皮の下の部分。

え、なに?

山口では考えられないほど、変な色・・・



イカにしても全く美味しくないし、ゴムを噛むみたい・・・



こんなにも美味しい生物を食えるここは、とってもいい所です。

| | コメント (0)

2007年6月12日 (火)

体調が・・・

どうも朝から眠い。



仕事をしていても、集中できない。

夜は23時にベッドに入っているし、朝は7時まで寝ているから睡眠不足という訳でもない。



昼から・・・

これ眠いんじゃなくって、だるいんだ・・・

と、体調不良をこの時初めて知る。



熱は37度ギリギリきるくらい。

体温が平均が35度の私にとっては、高い方だ。



ということで、せっかく潮もいいのに家に閉じこもり。

ルアー作る元気も無いや。

| | コメント (0)

2007年6月11日 (月)

今時のラジコン

私が初めてラジコンを買ったのは、今から25年位前だったかな?



当事、タイレル。今はティレルと言ってますが、P34という名前だったかな?

タイヤが6つあるやつ。

あのラジコンが欲しくって欲しくって。



当事で車体が9800円。



プロポが15000円。



ニッカド電池セットが9800円だったと記憶している。



タイレルが無く、しかたなくブラバムの車体を買い走らせてました。





最近、会社の子が持ってきていたので見せてもらいました。

プロポはトリガー式のアクセルオン。

ハンドリングは、横に付いているタイヤのような物で操縦。



車体は昔のプラスチックのような物でなく、卵のパックのような物。

これだとぶつかっても割れにくいみたいです。



ビックリしたのは、ニッカド電池。

当時の半分以下の値段。



それから中を開けると、サーボが1個しかない!!



これもビックリ!!



久しぶりに、ラジコンを引っ張り出して遊んでます。

| | コメント (0)

ルアー 完成

img_2412.jpg本日、16本ほどアバウトS 9cm完成です。



下の2本が、新作のアバウト7cm。



夜にはリップを付けた接着剤が乾いたので、さっそく実釣に。

プリプリ、いい感じの手ごたえで帰ってきます。



2時間ほどの釣行でしたが、4バイト。

そのうちの1匹をゲットです。

まぁ、いつものとおりサイズ的には不満なんですが、作ったばかりの新作で釣ったというのは嬉しいかぎり。



のち、釣行記にて。

| | コメント (0)

2007年6月 9日 (土)

借金返済

10年以上前に、私は借金をしました。

借金させてくれたのは、親父の兄貴。つまり本家に当たるおじさんです。



突然親父が死に、一緒にやっていた会社を畳もうと思っていた時。

一番我家にはお金が無い時でした。

葬式代はあったものの貯金もあった訳で無く、仏壇は小さい物と思っていました。



おじさんが金を貸してやるからという事で、おばさんと長男である私の3人で仏壇屋に。

小さい仏壇を物色していると、仮にも座敷家やぞ。

立派な物を買ってやれと立派ででかい仏壇に。



おいちゃん。俺、そんなに金無いよ。



お前が出世したら返せばいいから。



その後会社を畳み、私は会社員に。

毎月、決まった月給。

多くは無いですが、決まった金が入ってくるので生活は安定。



けど親父のもんだから家の金を当てにせず、自分の小遣いからと思い少しずつ貯めてきました。



踏み倒しても文句を言う人じゃないから、よけいにずーっと気になっていて。



このおじさんも、死んだ東京のおじさんと同じ年。

生きているうちに返さないと。



まだ全額じゃないけど貯めたお金を持って、東京のおじさんの葬儀のお返しを預かってたんで娘と行きました。



娘が本家に上がるのは、1回あったのかな?無かったかも。

あっても赤ちゃんの時。

仏壇の前に連れて行き、私の2つ前までの先祖の写真を見せました。



色々話をし、帰る時にまだ全然足りないけどとお詫びをし、現金の入った封筒を渡しました。



出世してないからいいというおじさん。

いや、まだ足りないけどケジメが付かないからと返そうとするおじさん。

最後には折れ、封筒の中を確認。



分かった。けど、もうこれで十分や。

もう持ってこなくてもいいぞ。



けど、全然足りてないよ。



いや、残りはおじさんに出させてくれというおじさん。

ありがたく甘えさせていただきました。



それと娘にぽんと2万円小遣いを・・・

おいちゃん。

こいつ、中3やぞ・・・



娘は大喜び。



やっぱ、本家のおじさんは大きい人だと感じました。

| | コメント (0)

2007年6月 8日 (金)

仕来りの違い (葬式)

所変われば何もかんも違う。

この度、東京の方に葬式に行って思いました。



そう沢山葬式に行ったわけでもありませんが、山口県西部地方に関してですと、まずは御通夜と葬式。

これは、東京と同じです。



それからが違いました。

こちらでは葬式が終わると焼き場で焼き初七日なんですが、向こうは間髪入れずに初七日に入り、焼き場で焼く。



焼いている間に食事をするんですが、こちらは初七日が済んでいないので精進料理で肉は無し。

向こうでは、既に初七日が済んでいるからなんでしょうか?

刺身なども入っていました。



ただ、TVなんかでも寿司なんか摘んだりしている場面もありますから、精進料理じゃないといけないという仕来りが無いのかもしれません。



これは仕来りとはまた別になるんですが、こちらは焼いた骨がそのまま熱い台の上に載って骨を拾いますが、向こうはステンレスの囲いの中に既に入っており、全く熱気を感じません。



骨も2人で1つの骨を持つというのも違うところでした。

ただ、それは最初だけで、後は1人1人で拾ってましたが。



ステンレスの上に骨があるので、残った骨も全て刷毛で集めて骨壷に。

こちらでは小さい骨は残してますから、何だか全部入ってうれしいような。



ただ、ステンレスの台の中に置かれるまで、相当残っている可能性もありますが。



話は変わって、葬式の帰りに付いて来るんです・・・



それは菊の匂い。



確かに3輪ほど受け取って、お棺の中に入れました。

その後、手も洗い服も着替えたんですが、付いて来るんです・・・



気付いたのは、横浜行きの電車に乗った時。

何の匂いだろ?

嗅いだことがあるけど・・・



横浜に付く頃に、匂いが強くなり菊の香りというのに気付いた訳で。

降りて適当に歩いたんですが、匂いが付いてくる。

帰りの飛行機の中でようやく消えました。



死んだおじさん。

下関の出身。

死ぬ間際にも帰りたがり、無理を承知で下関に帰るつもりでホテルまで取っていたのに、体も動かす事も出来ずに逝ってしまいました。



もしかして、付いてきたのかもしれません。

| | コメント (0)

葬式

昨日、仕事が終わってから飛行機で東京まで行ってきました。

私の愛するおじさんの葬式です。



おじさんといっても、親父の従兄弟。

子供の頃は、親父の兄弟より従兄弟のそのおじさんとの方が仲良かったという事でした。



だからでしょうか?

私もすごく可愛がってもらいました。

でも、それは錯覚だったかもしれません。

だって、親分肌で誰もを可愛がっているからです。



死ぬ少し前に、親父が迎えに来たと言ったそうです。

すごく明るい所に親父が立っていて、ただニコニコとして立っていたそうです。



その親父が、突然死ぬ直前。

親父の親父。つまり私の爺様が迎えに来たと言ったそうです。

だから、おじさんも死ぬのが怖くないと言っていたそうです。



いいですね。

自分の好きな人が迎えに来てくれるなんて。

私の時も、親父やお袋が迎えに来て欲しいです。

| | コメント (0)

2007年6月 5日 (火)

時間

時計を見ていると、忙しなく秒針が動いている。



しかし、分針は?

ジーっと見ていると、気のせいか動いているような・・・?

ましてや時針となると、動いていないような感じ。

むかし、本当に動いているのか、瞬きする間を惜しんで見ていました。



同じ時を刻んでいる時計ですが、幼い頃は同じ1時間でもすごく長く感じられました。

今はというと、1日があっという間に通り過ぎていきます。



ある研究者の発表には、同じ1時間でも生きた時間に対して感じ方が違うとか。

70歳の人の1時間は、70年に対しての1日だから短く感じられ、3歳の子は3年間に対しての1時間だから長くい感じられるという事です。



同じ時間でも楽しい時間はあっという間に過ぎ、嫌な時間は時が粘りがあるかのようになかなか過ぎ去ってはくれません。



全くサイズも数も出ない今日。

タメ息ばかりが出る座敷童子です。



| | コメント (0)

2007年6月 4日 (月)

ミノーを作ると・・・

私の主に作るミノー、アバウト。

横着な私に合わせた、オートマチック釣方。

ぎょうさん工房にぶら下がってる・・・



目面倒だな~。ドブ浸け。

塗装も終わり、残るは目を入れて最終コーティング。







あ、忘れてた・・・





ミノーだからリップ付けなきゃ。







あ、忘れてた・・・





リップ、あんまり作ってなかった。





そんな訳で、ポリカーボネートをせこせこ切断し形成。



ポリカーボネートの手持ちも少なくなったし、売っている釣具屋も少なくなった。

割高なんで、今度2m×1mのを買う予定。



何個作るつもりだ?(笑)

| | コメント (0)

2007年6月 3日 (日)

日曜日の過ごし方

昨日は、おじさんの死で釣りに行く気にもなれず。

ウィニングイレブンして、夜中まで遊んでいました。



さて、日曜日の今日。

町内の溝掃除後、何をしようか?



そういえば、工房にドブ浸けが終わって、塗装前のルアーが20本くらいぶら下がってたな。

そんな訳で、一気に塗装。



夜になってから、3本ほどドブ浸けが出来るまで削り上げ・アイ入れ・オモリ入れ完了。

いつもと変わらぬ日曜日なのであった・・・

| | コメント (0)

2007年6月 2日 (土)

おじさんの死

以前、このブログに書いた東京のおじさん。

本日の朝、亡くなったと連絡が入りました。



それを書いた日に癌という事を知らされたのでブログに記録しておこうと思いました。



3月に東京に旅行に行った時には今生の別れをしてまいった次第です。



告知はされており、抗がん剤を飲んでいましたが進行を遅らす事しかできず。

飯が美味くないというので、薬を飲むのも止めていました。



気のいい人で、親戚の中では一番好きなひとでした。



驚いた事に、葬式は7日。

おいおい、今日はまだ2日だぞとビックリ。



6日の仕事が終わったら、通夜は間に合いそうもありませんが飛行機で行ってきます。

ただ不安なのは、1人で斎場まで辿り着けるかどうか・・・(笑)

| | コメント (0)

2007年6月 1日 (金)

リア ディゾン

ミュージックステーションで、リア ディゾンが出演。

鼻の下を伸ばして見ていたら、女房がいやらしいと・・・



おいおい、裸で踊ってるの見ているならまだしも、なんだその言い草は!

裸で踊ってもらいたいもんだけど(笑)



すると電話。

先日、おっぱい突いて逮捕された先生の処分が決まり、明日学校で説明会があると娘の学校の先生からだった。



電話が終わると・・・



あぁ・・・リアちゃん。もう居ないじゃんか・・・



くそぉ・・・あの痴漢先生。

中年オヤジの楽しい時間を奪いやがって・・・

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »